滞納可能性のある入居者からの入金確認

a1180_017003.jpg


皆さんおはようございます。

今日は、久々に落ち着いた金曜日を迎えられます。
今月は、週末試験の為の帰国であったり、休暇中であったり、
金曜日という金曜日がなかったので、今日は楽しみたいところなのですが、
明日は、この2か月練習した成果を出すゴルフコンペです。
昨日の練習中になんと7番アイアンが折れてしまい、身体、道具ともに、
満身創痍の状態ではありますが、ベストを尽くしたいと思います。

僕が所有している用賀の物件があるのですが、
最近、支払いが遅れ気味ということで、滞納にならないかどうか
心配しています。

先月、賃貸管理会社への入金締切が月末にも関わらず、
実際に振り込んだのが、10日前後だったようで、
賃貸管理会社から、僕への支払いも遅れています。

この滞納、例えば、僕が500戸ぐらい所有するメガ大家で、
そのうちの1戸という状況であれば、もっと余裕を持って
対応することができるのですが、僕の場合、現在5戸しか
所有していない、小さい大家なので、1戸からの収入がゼロになると、
大分影響が大きいというのが事実です。

しかも、僕の場合、ファミリータイプ物件の為、
家賃が全て13万円以上になるため、
家賃額自体も1つが抜けると、大分痛い感じです。

そういった危機感を持ち、昨日賃貸管理会社に連絡をしたわけですが、
まだ入金確認していないので、ちょっと待っていただけますか?
という反応でした。

先月、この用賀の件は、滞納リスクがあるので、
注視いただくようお願いしますと伝え、電話では快諾して
頂いたのですが、特に注意というのはしていないような受け答えに感じました。

電話だったので、確信はできませんが、
少なくとも用賀の物件といった時、
注視しているような感じではなかった感じです。

こういった状態のときどうするのか?

僕は、上記のように不満を言っているだけでは何も意味はないと思います。
このブログでは、愚痴のような感じになってしまっていますが、
賃貸管理会社の方が注視できないのも自分の責任だと思うようにしています。

従って、僕ができる事、それは彼らに定期的に連絡することによって、
間接的に彼らに注意を促すことだと思っています。

例えば、1ヶ月に1回連絡するのと、2週間に1回連絡するのとでは、
相手が受け取る僕が持っている危機感の度合いは異なると思います。
ただ、難しいのは、しつこく連絡しすぎると関係を崩す恐れもあるので、
しつこくなりすぎないように、こまめに連絡する。

これが大事です。

彼ら賃貸管理会社の方々は、多くの物件を管理しており、
それぞれの物件を平等に扱うというのが、彼らの仕事です。
そして、僕たち大家は、彼らにとっては大事なお客様であって、
僕たち大家が指示したことは、基本、やってくれます。

従って、僕たち大家がどのように指示するのか?
または、何を指示するのか?といったことが、
非常に勝敗の左右を分ける要因になります。

滞納は、発生する前の対応、発生した後の対応、
どちらも早めに取っておいて損はないと思っています。

今回の場合、まだ滞納というには早いですが、
それでもリスクは通常に支払われている場合と比べ、
高いのは事実です。

ということで、昨日電話した際は、まだ確認していません
という状態だったので、昨日は、来週初めに連絡します、
という形で電話を切りました。

来週月曜日の時点で、入金が入っていれば
一安心なんですが、入ってなかった場合、
フォローが必要になってきます。

僕たち大家の努力で滞納を防げる部分は限られているのは事実ですが、
滞納が発生することも意識しながら、出来る限りリスクを軽減して
行きたいと思います。

応援クリックの方も宜しくお願いします。
クリック頂けると、僕のブログに一票入ります。

不動産投資 ブログランキングへ
Sponsored Link
2014-10-31 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


不動産投資 ブログランキングへ

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。