太陽光発電の可能性を考えてみる

a1820_000016.jpg


みなさんおはようございます。

今日は1週間ある休みの中日です。
ここまで来ると、曜日の感覚がなくなってきますが、
宅建の勉強をやらなければならないのがあり、割と規則正しい生活は出来ています。
が、この国慶節に合わせたかのように、天気が悪くなっているのが非常に残念です。
この4日間、まだ青空を1回も見れていません。笑
そろそろ、青空いっぱいの日来ないかなーと切望している今日このごろです。

日々日課にしている大家の方が書いているブログですが、
そこで、太陽光発電に挑戦し、実績を公表している方を見かけました。

太陽光発電というと、現在、日本の大家さんの中で流行していると聞きますが、
そのブログに記載されている数値だけ見ると、非常に順調に経営されているな
と思いました。

どうやら、最初に投資する際に、1年間でどの程度発電できるのかというのを、
シミュレーションし、そのシミュレーションを基に利回りを計算するとのことです。
太陽発電の装置自体は固定価格だと思いますので、シミュレーションの数値が高ければ高いほど、
トクをする仕組みになるというわけです。

その大家さんが、アップしていた今年1月からの実績では、1月〜7月までは、想定以上の実績で、
8月〜9月は雨が多く、想定以下の利回りとなっていましたが、今のところ累計で想定以上の利回りで、
実績を出していました。しかも、そもそもの想定利回りが12%ということで、
現在の不動産投資ではありえないほど高い利回りです。

しかも、不動産経営と大きく異なる点があります。
それは、設置後は特に手間がかからないということです。
不動産事業であれば、退去、入居と実は色々忙しいんです。
これは、僕のブログを見てくださっている方ならよくわかっていただけると思いますが。

といっても、もしシミュレーションにいかなけれどうしようとか、
太陽光装置が誰かにいたずらされて破壊されたらどうしようとか、
実際、行なったことがない僕にとっては、若干不安も残ります。

そこで、僕が今考えているのは、太陽光発電のために土地を購入し、
そこに太陽光発電装置を取付けるというリスクがかかる形ではなく、
来年購入予定の1棟マンションの屋根に取り付けることを考えています。

おそらく、その頃は、キャッシュにそこまで余裕がないと思うので、
全額借入で行う予定ですが、新しいことを一挙に2つ実行する予定です。
案ずるよりもやるが如しという言葉にもある通り、こういったブログや
雑誌で取り上げらられているものは情報としてはいいものですが、
自分でやってみるのとはまた異なると思います。

そして、もしかしたら、自分に都合の良いように、情報発信者の方が、
情報を曲げているかもしれません。

そういう疑いはかけ始めたらきりがないわけですが、
まずは、リスクの低い形で自分でやってみる。

ここからなのかなと思います。

もう、不動産事業の方で、ある程度のリスクは背負っているので、
大きな投資というのはできませんが、可能な範囲でという意味です。

実行後は、みなさんにも情報シェアさせていただきますね。
また、1棟マンション購入後は、実際、僕が不動産事業から得ているキャッシュフロー
についても、1箇月ごとに公表してい行きたいと思います。

それが、少しでも皆さんの背中を押してくれることをシンジて。

今日の記事が、少しでもお役にたったという方がおりましたら、応援クリックの方も宜しくお願いします。
クリック頂けると、僕のブログに一票入ります。

不動産投資 ブログランキングへ Sponsored Link
2014-10-04 09:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本では太陽光事業に暗雲が立ち込めてますよ。10kw未満の家庭用は従来通りの接続、買い取ですが。30日ルールの運用も国が省令改正でいくらでも操作できるでしょうし。365日のうち30日、約8.2%、それも稼ぎ時の30日の売上損失は年間で見れば12%程度にはなるのでは?太陽光もライバルが増えればやりにくいってことですね。不動産投資と良く似ています。苦笑
Posted by 通りすがり at 2014年10月05日 12:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


不動産投資 ブログランキングへ

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。