現在僕が抱えているトラブル事項とその対処法

2017049.jpg


みなさんおはようございます。

昨日はの夜は、もともと外出する予定だったのですが、
外出しようと思ったほぼ同時のタイミングで暴風雨が発生して、
タクシーが全く拾えなくなり、泣く泣く外出できずということになってしまいました。
今日のお題も悪い話なんですが、悪いことが発生するときは続くなとつくづく思います。
でも、人生悪いこともあれば、良いこともある。この悪い期間を抜け出せば、
必ず将来良いことが待っていると信じて動いていくしかありませんよね。

昨日、それぞれ別の賃貸管理会社の方と連絡を取りました。
その結果、またまたトラブルが増えたことが発覚。
まず、自分への整理も含め、それを列挙します。合計で3つあります。

1、西小岩の物件の入居者が、本日で退去。6月から空室になる(既知事実)
2、用賀の物件の入居者が、5月末時点で、更新料及び家賃ともに未払いということが発覚(昨日知った事実)
3、新丸子の物件の換気扇が壊れていることが発覚。相当古いタイプのものの為、部品交換ということはできず、全てを交換する必要性がでてきたので、火曜日に工事の見積を取る。(昨日知った事実)


合計3つであり、どれもがキャッシュフローに影響がある話ではあります。

1の話は、単純に空室になっただけなので、また黙々と入居者募集をすればいいだけの話なので、
そこまで大きな問題ではないと思っています。また、西小岩の物件は、まだ築年数で言えば、
10数年と比較的新しい物件で、ベランダからの見晴らしが非常によい物件なので、そこまで時間は掛からないと見てます。予想としてはどんなに長くても2ヶ月間。出来れば1ヶ月程度で決めてもらいたと思っています。

キャッシュフロー的なインパクトは、大体20万円程度のマイナスになります。

そして、2の問題。これが一番重い話です。
もともと、4月に支払う予定であった更新料が未払いという状況は続いていたのですが、今回5月末締切の6月家賃もまだ振り込まれていないことを昨日の電話で確認しました。

用賀の入居者は、もともと優良顧客だったため、このような未払いの状況が続いていることには何か訳があると考えています。昨日、賃貸管理会社の方に、なるべく早く現地に言って、とにかく支払えない理由を確認して欲しいとお願いしたところ、来週の火曜日に現地へ行ってくれるということで話が終わりました。
とりあえず、状況が知りたいというのが切実な願いです。この件は、最悪、滞納につながる可能性もあるので、来週水曜日に、担当者の方に電話をして、状況確認します。

現在、6月から空室になる物件を一つ抱えているので、追い出すというよりも、出来る限り長く部屋を使用していただく流れで進めていこうと思っています。それもこれも、ちゃんと支払ってくれるようにし向けなければなりませんが。とりあえず。今は待ちです。

そして最後の3の問題は。これも基本的には待ちです。
この物件、築年数27年程度の物件なんですが、換気扇が全く取り替えられていなかったとのことです。
業者の方曰く、良くこれだけ長い期間持ちましたね。という話だったらしいのですが、
昨日、換気扇本体の値段、工事の値段、しかも今回壊れている換気扇が3ヶ所もあることから、
費用的には大体5万円〜10万円はすると予想しています。

この新丸子の物件ですが、いつも入居者入居後に、必ず事件が発生します。
前回は、トイレの不具合、今回は換気扇が壊れる。
まぁ、将来のための投資と思えば、換気扇は必ず必要なものではあるので、工事は必ず行いますが。

あらゆるトラブルを一気に経験していますが、上記にも記載のとおり、悪いときには悪いことが連発します。
今年4月から始まって、家賃減額、空室、そして上記のようなトラブルと立て続けに発生しています。

どれもがキャッシュフローに影響するものであり、全く嬉しいニュースではありませんが、
海外にいながらも、大家やってるなという感覚は感じさせてもらっています。笑

僕の考えとしては、キャッシュ的に余裕がある中国滞在中に、発生しうる問題は発生してもらって、
日本帰国後は、緩まって欲しいと思っているのですが、どうでしょう。本当に行き当たりばったりですからね。ビジネスもこんな感じなんでしょう。自分で予想できない部分が大きいものなんだと思います。

といっても、愚痴ばかり言っていてもしょうがないので、今自分の出来ることにベストを尽くす。
それは最低限です。
それプラス、こういったトラブルが発生したときには、どういった対応をすればよいのか?
これらの経験を通じて学んでいきたいと思います。
学んだことはみなさんにもまたご報告しますね。

今日の記事が、少しでもお役にたったという方がおりましたら、
応援クリックの方も宜しくお願いします。
クリック頂けると、僕のブログに一票入ります。

不動産投資 ブログランキングへ

Sponsored Link
2014-06-01 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


不動産投資 ブログランキングへ

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。